名前のない手記(16)

 藤田君は殺気に満ちた目を男に向けると、逆に男のシャツの襟を掴んだ。体をのけぞらせ、男の鼻をめがけて思い切り頭突きを食らわせた。鈍い音がした。私は無言のまま大口を開けた。とんでもないことが起きたと思った。男は鼻から大量の血を噴き出して倒れた。藤田君はなおも攻撃をやめず、倒れた男に踊りかかった。中年男をはじめホームレスたちも参戦し、苛立ちが頂点に達したと見えた数多の見物客たちもなだれかかった。和やかな花火大会は大乱闘と化した。頭が酒に熱した男たちがくんずほぐれつ、野性を破裂させた。ふつうならば「喧嘩は江戸の華」と洒落込みたいところかも知れないが、事態は洒落にならない方へ傾いた。藤田君が転がっていたビール瓶を拾い地面に叩きつけて割ったのである。これには私も周囲もたまげた。一同、目を丸くして藤田君から離れようと後ずさりしたが、藤田君の殺気は治まる気配がなかった。
 その瞬間、私は驚きと共に悟った。藤田君はキレている。昨今は行き場のない殺意にまかせ、誰彼かまわず襲って殺害する若者が世を騒がせているが、藤田君はまさにその若者だ。目の前で暴れているこの男が、約一年前、山谷でカップ酒をチビチビしながら愁いのある目で宙を眺めていたあの藤田君とは到底思えないが、現実である。しかし、しらふの時の礼儀正しさからして、酒さえ入らなければこの「殺意のスイッチ」が入ることはないだろう。ここまでへべれけと化している今だからこそ、そのスイッチは容易にONになったのだ。

 乱闘騒ぎのことを仕舞いまで書く必要はないだろう。
 結局、藤田君は割れた瓶を振り回しながらも誰も刺し殺すことはなかった。アルコールが入りすぎていたことが功を奏した。千鳥足で相手に突進しても途中ですっ転ぶばかりだった。藤田君は運がよかったのだと私は言いたい。誰かが花火大会の警備にあたっていた警官を呼んだらしく、笛の音と共に人ごみをぬって迫ってきた。乱闘はあっという間に鎮圧されたが、藤田君は逆方向へ走り、うまいこと脱走に成功した。
 藤田君は災難を免れた。しかし、この後、藤田君には輪をかけた災厄が襲来することになる。今にして思えば、藤田君はこの時捕まった方が幸運だったのかも知れない。